現代中国・台湾ミステリビギナーズガイドIII 現代華文ミステリワールド

現代中国・台湾ミステリビギナーズガイドIII 現代華文ミステリワールド

形態:印刷(第二十三回文学フリマ東京、Fホール・カ-15ホールにて頒布)
値段:400円

現代中国・台湾ミステリビギナーズ・ガイドブック』『2016 現代華文ミステリ最前線!』に続く第三弾!
文藝春秋で多くの華文ミステリの編集を務めていらっしゃる編集者・荒俣勝利氏への巻頭インタビュー、翻訳家の張舟先生による最新大陸ミステリ事情解説、更には気鋭の上海華文ミステリ作家・陸秋槎先生の本邦初邦訳中編など盛り沢山の内容でお届け。
第三回島田賞受賞作『ぼくは漫画大王』解説記事や今冬公開予定の『現代華文推理系列3』の全作レビューも入って、お値段据え置き400円!

目次はこちら

風狂通信 vol.3

風狂通信 vol.3

形態:印刷(第二十二回文学フリマ東京、A〜Dホール チ-09ブースにて頒布)
値段:500円

今号は「平成生まれの作家たち!」を大特集!詩人・文月悠光氏の二万字ロングインタビューに続き、平成生まれの作家26名の作品一挙レビュー! ライター・アオヤギミホコによる寄稿BL小説「ひとでなしの恋」も掲載。 もちろん、連載も好評継続中!

目次はこちら

2016 現代華文ミステリ最前線! ─現代中国・台湾ミステリビギナーズガイド 2 ─

2016 現代華文ミステリ最前線! ─現代中国・台湾ミステリビギナーズガイド 2 ─

形態:印刷(第二十一回文学フリマ東京、Fホール二階 カ-04ブースにて頒布)
値段:400円

大好評『現代中国・台湾ミステリビギナーズ・ガイドブック』第二弾! 華文ミステリ作家・陸秋槎先生の独占インタビュー、翻訳家の張舟先生による未邦訳華文ミステリ紹介記事などの超豪華特集の他、『現代華文推理系列第二集』などで邦訳が入手可能な華文本格短編ミステリのレビュー、クラウドファンディング特集も。

目次はこちら

風狂通信 vol.2

風狂通信 vol.2

形態:印刷(コミックマーケット88、ブース:東地区ペ29b にて頒布)
値段:500円

風狂奇談倶楽部機関誌第二号。大特集「お笑いとミステリ」を中心に、前回を超える 執筆者数で贈る、ミステリの枠に囚われない総合文化誌!

目次はこちら

風狂通信 vol.1

風狂通信 vol.1

形態:印刷(第二十回文学フリマ東京、ブース オ-32にて頒布)
値段:500円

風狂奇談倶楽部機関誌第一号、遂に出る!ミステリを中心に音楽やグミなど多種多様な話題を提供する総合文化誌!

目次はこちら

現代中国・台湾ミステリビギナーズガイドブック 〈印刷特別増補版〉

現代中国・台湾ミステリビギナーズガイドブック 〈印刷特別増補版〉

形態:印刷(第二十回文学フリマ東京、ブース オ-32にて頒布)
値段:400円

Kindleで大好評発売中の『現代中国・台湾ミステリビギナーズガイドブック』、遂に活字化!Kindle版での内容に加え、ボーナストラックとして、早世した伝説の華文ミステリ作家・羅修の幻の本格短編「Wの喜劇」を特別収録!

目次はこちら

ミステリ読みが知りたい数理論理学ロジックのコト——あるいは井上真偽『恋と禁忌の述語論理プレディケット』に対する過剰な傍注

形態:Kindle

数理論理学とは如何なる学問なのか?その方法論は?ミステリとどういう関係にあるの?——ミステリ読みが何かと気になる数理論理学・数学基礎論のエッセンスを、〈究極の理系ミステリ〉と謳われた井上真偽『恋と禁忌の述語論理』の内容を検証しながら歴史背景も踏まえてわかりやすく解説!各分野の啓蒙書や教科書の情報も付し、ミステリ読者を数理論理学へといざなう最適の一冊。

〈クライム・クラブ〉 全作レビュー

〈クライム・クラブ〉 全作レビュー

形態:Kindle(現在販売停止中

植草甚一が監修し、内容の斬新さと洗練されたデザインで日本のミステリ界にも大きな影響を与えたという伝説的な叢書〈クライム・クラブ〉。刊行から60年経ってなお、好事家たちの間で愛され続けるその叢書を、書誌データと作者紹介を添えて詳しく紹介するガイドブック。

アントニイ・バークリーによる書評も特別収録。

現代中国・台湾ミステリビギナーズガイドブック

形態:Kindle

中国語ミステリを知ろう!読もう!楽しもう!
ワセダミステリクラブ有志による大ボリュームのブックレビュー(2000年代に邦訳の発表された華文本格ミステリを網羅!)に加え、サークル内で開かれた「現代中国・台湾ミステリを知ろう!」座談会の模様を完全収録。さまざまな角度から現代中国・台湾・香港のミステリを徹底的に分析・解説する入門書。

中国ミステリにオマージュを奉げ損なったバカミス『御手洗熊猫流殺人事件』も併録。


inserted by FC2 system